上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ

相当気にいってしまいました。「誕生日プレゼントに!」と義父母からお小遣いをもらった。欲しくても買っていなかったものを買うことにしようと。。。これをゲットした。




CDラジカセです。10年位前の外国製みたい。




CDラジカセです。10年位前の外国製みたい。





我が家にラジオしか使えないラジカセは2台ある。1台はノイズが相当入るけどカセットは聞こえていた。。。フランス語を集中して勉強していたのが15年くらい前なので、持っている教材はカセットテープばかり。そういえばパリに住み始めたときも、ウォークマンで教材のテープを聴きながら街を歩いていたな。。。なつかしいな。インド式暗算の教材もカセットだし。。。これも中途半端で学習を続けていなかった。フランス語の復習に力をいれたかったので思い切って新しいラジカセを買った。MDはもともと使っていなかったし、これから使う頻度も殆どないと思ったので、プリミテーボなCDラジカセにした。


どうしていまさらCDラジカセをかったかというと、理由はこれだ。




レコードやMDカセットなどをiPodで聴こう!! デジ造




レコードやMDカセットなどをiPodで聴こう!! デジ造





「デジ造」の説明を読んでいたら、どうもPCに取り込める。。。iPodもってないし。けど自宅でPCから聞けるのは手軽に聞き流せていいな。。。「フランス語の1800単語」「スペイン語会話」「タイ語トラベル会話集」などを録音していく。懐かしいな。特に会話集など初心者向けには、日本語と外国語が交互に入っているカセット主流だと思っていたけど、このタイ語。。。購入してから殆ど活躍させていない。理由は初心者向けなのにタイ語しか入っていない。聞いていても確かに音慣れするけど、テキスト見ながら聞かないと全然意味がわからない。皆さんも教材を購入されるときは気をつけましょう。タイは10年以上毎年の様にバカンスに訪れていた大好きな国の1つだ。友人も住んでいるし次回行くときのためにも、少しずつでも慣れていくことにしようと思う。



持っている教材を並べてみると、気がつくことがある。私って殆どテキスト使わずに音を中心にして習うより慣れろ!状態だということ。初級の文法くらいはしっかり勉強するようにしているけど、あとは応用の音中心だわ。結構いい加減な面倒くさがりやの自分というのがよくわかる。だから平気で数ヶ国語をある程度身につけるが、可能なのだとも思う。そういえばイタリア語のテープもその辺にあったような。。。



このカセットとケーブル「デジ造」ですが、相当気にいっていますが。。。こんな違和感あり。




わかりますか?カセット操作部の三角マークが逆!




わかりますか?カセット操作部の三角マークが逆?





文字で書いてあるのが本来の操作で、世界共通だと思っていた「再生・巻戻し・早送り」のマークが逆だ。押すときにまごつくので、自分で貼るシールつくってみようかな?この操作ボタンそれぞれが微妙に形が違うので、製造ラインで間違えてしまったのでしょうね。。。などと思っておりましたが、問い合わせたところメーカーから返事がきました。テープを入れる方向によってボタンのマークが違うとのこと。この機種はカセットを下向きにしてセットするタイプなので、操作ボタンの表示がこの方向とのこと。(詳しくは下のコメント欄に書きましたが、今まで知らないで生きてきました。。。勉強させてもらって得した気分です。感謝!)



いつもは目に見えないものばかりに価値をみつけてしまう生活をしていますが、こんなお得な家電で大きな幸せを手にするとは思っていませんでした。この「デジ造」世界的にヒットするんではないでしょうか?コンパクトでお得価格ですって、世の中では普通のことだったのかな???



USBオーディオキャプチャーユニット 音楽版デジ造
SONY CDラジカセ CFD-S01-W



昨日から録音しっぱなしですが、USB◇PCA-DAV2 デジ造って映像用のもあるのですね。ということは、あのビデオテープがPCのDドライブにドンドン落とせるんだ。。。今年の大掃除はカセットテープとビデオテープを中心にすることになりそうです。随分すっきりするだろうな~。昔の映画もPCで見れるようになるし。。。あの8mmもPCで編集できちゃうんだ。今度は映像用だな。



10代のころに聞いていたカセットも聴いちゃう???何気に楽しいおもちゃを手に入れたようです。義父母から、とても素敵なプレゼントをもらってしまいました。本当に感謝!だわ。





人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます




スポンサーサイト

2008.11.16 Sun l 語学習得など l コメント (5) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ

立冬にテラスで咲いたダブル!ハイビスカスです



立冬にテラスで咲いたダブル!ハイビスカス




我が家では去年の夏からハイビスカスを育てています。今年はオレンジが掛かった黄色になっていますが、去年は黄色といった感じでした。ドンドン育って、切って挿し木にして里子に出して。。。今年は7月から平均月8つずつ咲いている。それも先月辺りからダブルもでていきて、夏は一日しか咲かなかったのに涼しくなってきた先月くらいからは2-3日咲いている。。。凄い生命力だ。この立冬に咲いたハイビスカスから、テラスでは寒そうなのでリビングルームに入れてあげた。今日も1つ咲いている。明日も咲くだろう。3日咲くかな???


今日は何を書きたかったかというと、日本国際化計画HPでは、効率的な語学の勉強法例(ごめんなさい。ご好評をいただいているのに野放しですね。追加や改訂そろそろしないと。。。)を書いてアップしているけど、最近取っているメルマガの中に共通することを見つけた。自分の立場に代えて読んでみると勉強だけではなく、仕事や習い事などなど通じるものは沢山ある。参考にされてください。


1年中咲き続けるハイビスカスのように環境が整えば、勉強も進みどんどん育ちます。私もフランス語の復習と暗算法にターゲットを絞って、日常勉強を進めてみようと思っています。これって街づくりやプロジェクト(何かを成し遂げること)に共通するようです。




思い込みの力


あなたは何かの作業をするときに
他人よりも秀でていると思えるものがあるだろうか?


僕は10年以上エンジニアの仕事をしていたが、
素人で入ってきた新人さんに技術を教えるときに
大きく2つのグループに別れることが多かった。


1つは、その技術を
自分はこの分野にかけては天才だ。
この作業は面白い。


と思っている人で、
こういう人は本当に向いているかどうかは別にして
どんどんと積極的な行動を起こすことができる。


積極的な行動はさらにその分野のスキルに磨きをかけ、
自分自身をより高みへと昇らせることができる。


2つめは逆に、自分にはこれは向いてない。
こういう作業は苦手だ。


と思い込んでいる人だ。
この人たちは作業に取り組む際、無意識のうちに、
その仕事に関わる作業を拒絶してしまう。


そして、その結果積極的な行動を採らないようになるばかりか、
自分の中で「これはわからない」という前提を置いてしまうので
頑張って学習しても、なかなか吸収することができなくなる。


その結果、最初のグループに所属する人たちは
どんどんと成長していくのに対し、
そうではないグループの人たちはほどなくして辞めていく
という結末を迎えるケースが多かった。


このように、思い込みはあなたのセルフイメージに強く作用し、
自分自身の行動に非常に強い影響を与える。


ではなぜ、向いているとか
苦手だとかいった思い込みが
行動に強い影響を与えるのだろうか?


それは思い込みの力があなたの中にある
”自信”を強くしたり弱くしたりするからだ。


「自分はこれが得意だ」
と思っている人はその分野の知識や技術に対して
強い自信と自負を持っている。


そして、それが彼らの行動に影響を与え
次々と新しいことを試してみたくなったり、
多少の失敗では挫折しない強力な精神の源になっている。


その結果、新しい知識や技術を身につけたり、
失敗の経験を蓄積して、
さらに自分の中で自信を深めてゆくことができる。


反対に向いていない、苦手だ
という認識で作業に取り組んでいると、
無意識のうちにどんどんと自信が失われ、
やがてはその作業をするのが嫌になってしまう。


このように、
良い思い込みは自信をどんどん強くする好循環を生み出すが
悪い思い込みは自信をどんどん弱くする悪循環を生み出すのだ。


なので、新しいスキルなどを身につけようとするとき
自分は向いていると思い込むことは
スキルを身につける上で重要な要素の1つとなる。


ただ、既に苦手意識のあることに対して
いい思い込みを持つのは比較的難しいだろう。


だから、何か簡単で小さなことを達成したら
「俺って天才!」
みたいに思い込むことで除々にその苦手意識を取り除くと効果的だ。


苦手意識を払拭して
新しいスキルを身につけよう。




PS.
ちなみに家業に活かそうと、マーケティングの勉強も進めています。語学もですが、どんどん頭に入ってくるので「私って天才?」などと根拠のない思い込みをすると、なんとなく習得にスピードがつくような気がしています。このボジョレーヌーボーの季節から春に掛けて、ワインの作り手さんの来日も多いので、フランス語の復習には力を入れてみようと思う。

本当にそうかどうかは別にして…。学ぶのが心地よくなることは自覚している。





人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます





2008.11.12 Wed l 語学習得など l コメント (4) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ


先日、「お勧めです!英語習得法」をアップさせていただきましたが、このNHKラジオのチャロ。。。今朝も泣かせてくれました。 凄く心熱いストーリーで自己啓発も沢山入っていますね。 "Charo! Never give up"にはホロッとさせられました。 皆優しいなあ~。



ところでですが、こちらの「楽して成功できる非常識な勉強法(無料CDプレゼントあり)」聴いたことありますか? 友人数人の間で盛り上がっています。 どうも勉強もですが、自営業や経営者のビジネス見直しなどに役立つらしいです。 いろいろなビジネス本にかいてある方法が、ある程度コンパクトにまとまっているとのこと。 私もしばらく聞いてみようと思います。 こういうのって繰り返し聞くと(10回くらい?)覚えて日常化するらしいので、どうなるかな? ご興味のある方はゲットしてみてください。 ダウンロード版じゃないので日本国内だけですけど。 外国語の習得にも効きそうですよ。





楽して成功できる非常識な勉強法(無料CDプレゼントあり)



楽して成功できる非常識な勉強法(無料CDプレゼントあり)






人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます





2008.10.23 Thu l 語学習得など l コメント (2) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ

この子しっていますか?




飼い主家族と日本からアメリカに旅行に行き。。。迷子になってしまった犬です。




飼い主家族と日本からアメリカに旅行に行き。。。
迷子になってしまった犬です。





名前はチャロ(Charo)、とてもかわいがってくれていた翔太(飼い主家族の子供)の元「日本」に帰ろうと、ニューヨークでストリート生活をしている。いろいろな犬や猫、人との、人間模様のような仲間模様?が日に日に展開されていく。我が家では7時に、このラジオ番組が目覚まし代わりとなる。



その後韓国語、フランス語、イタリア語、スペイン語と続くのですが。。。他の番組はほとんどこの10月度からまた初心者向けに戻ったのが多いのだけど、このリトル・チャロは大作で、4月から続いていて既に中級くらいにはなっているだろうか?最近、チャロの周りの出演犬や猫達のセリフが。。。感動ものだ。特にサー・ジョセフやマルゲリータが、泣かせてくれる。。。とても心温かい話だ。



この大作「リトル・チャロ」ですが、ラジオは日曜日以外毎日ですが、テレビもインターネットもサポートがシッカリしている。相当力がつくと思っています。英語力が中級くらいで止まっている人で、上達したい方にはお勧めでございます。録音して繰り返し通勤・通学の移動時間などに聞くだけでも、耳慣れになると思いますよ。ラジオがお勧めです。やはり進むのが早い。



この数年くらい、インターネットが普及してきたからか外国の教材が、日本に住んでいても簡単に手に入るようになりましたね。外国語でいろいろな勉強が自宅にいても、テキストだけではなくDVDやCDで、リアル感満点で耳や目に入ってくる。ありがたいものです。大人向けのビジネスや心理学などの教材は充実してきているようですが、今後は子供の教育教材など。。。期待できると思います。ご近所にインターナショナルスクールがなくて通えない地域の方たちは、ご家庭や自宅で子供+ママ友集めての勉強会など、活躍させることが近い将来できるでしょうね。教育や学習に関する便利さは、大歓迎です。これだけ外国から教材がドンドン入ってくると、翻訳や吹き替え(声優やナレーション)の仕事も増えそうです。無理なく、一生勉強できる生活になるようで嬉しいな♪





人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます





2008.10.03 Fri l 語学習得など l コメント (5) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ

何気なく毎日つかっている言葉。当たり前の話ですが、日本語でも外国語でも選び方で意味が違ってきます。昨晩、相方とテレビ番組を見ていて気になったことを今日は書いてみようと思います。


素晴らしい!と思った。
「調味料の研究開発に成功」した話でした。


ググッてみたら、Yahoo!辞書にもこのように載っていました。番組内では、ニューヨークの創作料理店でも活躍している「新しい調味料」と説明をしていた。使い方次第でとても華やかにも演出できる。素晴らしい!とも思いました。お好みがあるとも思いますが、それがこれです。



ソイソルト (そいそると)
-ビジネス -2007年5月30日


香川県東かがわ市に本社のあるしょうゆ製造のかめびしが発売した「粉末しょうゆ」。粉末なので料理を水っぽくすることなく、しょうゆのコクと風味を足すことができる。おにぎりに少量振りかけたりサラダにかけたり、鮮魚を使ったカルパッチョの仕上げなどにも使える。ペペロンチーノやクリームチーズ系のパスタ料理にしょうゆをかけると色がついてしまうが、ソイソルトなら隠し味として使うことができる。熟成したしょうゆをインスタントコーヒーの製法で使われるフリーズドライ(冷凍乾燥)製法で粉末にし、ふりかけや塩のようにして使う。杉桶で3年熟成させた「三年醸造」と1年3か月以上寝かせた「うすくち」の2種類がある。

[ 新語探検 著者:亀井肇 / 提供:JapanKnowledge ]
Yahoo!辞書より引用




海外旅行中の外食時にも、活躍しそうですね。
ホームパーティの前菜や、ビュッフェのカナッペや創作寿司など、いくらでも想像力を掻き立ててくれます。


とんかつなどの揚げ物の中に隠し味としていれても、いいかも!上からソース沢山かけてお料理の味を変えるよりも、この脇役に徹した丁寧に作った「醤油職人の逸品」といった感じが、特に気にいりました。ソース・ドレッシングや他の調味料にも応用できそうです。研究を重ね、今では「既存のソイソルト2種(うすくち/三年醸造) 新たに2つのテイスト(青唐辛子&ニンニク/オニオン&ニンニク)を加え4種のテイスト」を、販売されているとのこと。国内での販売だけではなく、もちろん輸出もされているということでしょう。「日本の伝統的な醤油文化を継承し続ける、未来につなげる素晴らしいもの」だと思いました。いろいろな味をつけた塩もあるのですが、フリーズドライの醤油でもドンドン冒険できそうです♪少しスペインのエル・ブジ風でもありますね。


http://www.kamebishisyouyu.com/products/list.php?category_id=4

宝暦三年創業 かめびし醤油




この番組ですが、これだけ素晴らしい商品・醤油製造会社を紹介していたのに、とても言葉使いに違和感を持ちました。数えませんでしたが「生き残る」という言葉を何回使っていたのでしょうか?「生き残る」というのは、とても前に進んでいる行動には聞こえません。むしろマイナス要素が多い言葉なのでは?と思いました。


「醤油職人の逸品」「日本の食文化への新しい挑戦」「醤油作りの特化」など、実際に素晴らしい研究を経ての商品なのですから。。。この「生き残る」という言葉は胸が痛かったです。「職人技を提供する」「職人技を見極め購入する」プロ同士(提供者・消費者)の駆け引きがどうして、こんな報道のされかたをするのか?もっと「職人技を理解して応援するプロの消費者」になりたいとも思いましたし、日本に増えればいい!増えるべきだ!と思いました。


「買ってあげてもいいと思える商品???」 日本人として聞いていて悔しかったです。
人権問題まで感じてしまいました。もっと言葉を選んでください!


特にメディア関係は言葉を選んでください。どれだけの視聴者がいるのか。。。
日本の食文化(食だけではありませんが)は、素晴らしいのですから。




人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます




2008.01.20 Sun l 語学習得など l コメント (6) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。