上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ


毎週日曜日の朝は、NHK第二ラジオでで「障害者の教育・仕事・生活」などの情報番組を聴いています。 この1月くらいの間に聞いたことで、書きたいことはまだまだあるのですが、この商品のことを優れものだと思ったので記事をアップするとこにしました。 日本って技術大国なので、世界のバリアフリー・ボーダレスのサポートでの活躍を期待しています。




「ボイスレコーディングペン」

視覚障害者用物品識別機器





視覚障害者の方々にご利用いただくことを前提に企画・開発された、物品識別用ボイスレコーダペンです。U-SPEAKペンと専用のステッカーをご利用いただくと、各々のステッカーに対応した音声を録音、再生が可能になり、そのステッカーを貼ることで、物品に「音声の名札」をつけることができます。 詳細




今朝のラジオでは、「形が似ているビン」などの中身や賞味期限など説明を録音して、そのステッカーをビンに貼っておき、このペンをかざすと音声で録音した説明が聞けると言うものです。 「イチゴジャムです。賞味期限は2010年12月15日」と必要な情報を個々につけるとのことです。 これってお孫さんがオジイチャン・おばあちゃんのために録音して貼ってあげるとか、いろいろとお手伝いができそうですね。 「CDのタイトルやアーチスト名」を録音してCDケースに張っておくとも説明されていました。 フランスワインでラベルに点字が印刷されたのがあるのですが、そのように普及と技術が進化すると「商品に音声ステッカーをつけたもの」を販売し、音声も電子手帳やカーナビのように基本情報が組まれたもの+ダウンロードでアップデートというのも夢ではない時代がくるのでしょうね♪


実は、最寄駅のトイレの音声が気になっていました。 トイレの近くにいくと「右が女子トイレ、左が男子トイレです。」と私にも大きな声で言ってくれるのですが、人が多い時は音声が繰り返し流れ続けています。 視覚障害者の方には便利なのでしょうが、日本の街中は音に無神経のところがあり、音の公害?環境にもよくない?とも思っていました。 この「ボイスレコードペン」が進化したら、トイレだけではなく、いろいろな音声案内にも使えそうですね。 必要な時に必要な人に、優れた技術が活躍することが理想だと思っています。


まだまだ発展途上ですが、日々の技術進歩で「バリアフリーにドンドン近づいていく日本!」が嬉しいです。 感謝です。 このような技術輸出も時間の問題でしょう。



人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます


スポンサーサイト

2010.05.02 Sun l バリアフリー・ボーダレス l コメント (0) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ

南極って行きたいと思っているのだけど、まだ行ったことがないのですよね。 私の友人で新婚旅行を3年もしていたカップルがいて、「南極!行きたいんだったら早くいったほうがいいよ!」と6-7年前にいってたな。。。 確か、チリのプンタレーナスからキャンセル待ちというか、あまったチケットを格安でゲットして行ってきたと。 その後私もスペイン語を学んだから、南米旅行は楽しみなのだけど、そのまま中米止まりでいってないのです。 南極!なにかとご縁があって、オーストラリアに住んでいる友人が「南極料理人」の友だち。 南極観測隊の人たちを招いてホームパーティしたり、見送りにもいっていましたね~。 私もバーベキュに参加したかったけど、ちょっとパースは遠方過ぎていきませんでしたが。 いずれ参加させていただきたいです。


夢に描いてるけど、南極の旅はまだ実現していません。 今朝テレビの番組で「日本人女性(川瀬みどりさん)90歳が南極点にたった!ギネス申請中」を見ました。 80カ国以上旅されている、素晴らしくお元気なマダムでございました。 インタビューから、「夜中2時に寝て昼ごろ起きて」とお年寄りの生活といった感じではありませんでしたね。 素晴らしいなあと思ったのが、彼女が話すことは「今何をしたいか」ということと「これから何をしたいか」という、昔話ばかりしているお年寄りとは全然違う女性でございました。素敵です♪


また2年後と100歳になったら、南極に行きたいと仰っています。 ぜひ、夢を実現させてください。 彼女にとっては、夢じゃなくて目標かもしれないですね。 パチ!パチ!パチ! 川瀬みどりさん応援してます!



・南極点に到達した川瀬みどりさん(90歳)の体験リポート (1)
・南極点に到達した川瀬みどりさん(90歳)の体験リポート (2)



チリ・プンタレーナスから行かれたのですね。 南米は遠いけど魅力満載!最低1ヶ月は欲しいな~。
圧巻の真っ白い「雄大なパノラマ」体感したいな。



人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます


2010.04.06 Tue l バリアフリー・ボーダレス l コメント (2) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ


我家では毎日「NHKラジオ第2」が目覚ましとなります。 7時少し前にドイツ語を少し聞いてから、7時からは英語のチャロ。 今週月曜日昨日から「リトルチャロ2」が始まりましたね。 チャロはテレビ・ラジオだけではなく「オンラインのストリームやエクササイズ」なども充実しているので、英語を学ばれている方にはお勧めです。 一昨年・昨年は再放送と、1年がかりの大作番組でのチャロの大冒険でございました。 その続きが始まったばかりですので、中学3年間の勉強が終わったくらいのレベルや、英語の復習をしたい方には、学ぶのにいいチャンスでは?と思っています。 ストーリー性が高いので、次はどうなるの?の興味をかきたててくれて、コミュニケーションや道徳の学びもタップリでございます。


チャロってこんな子です。 翔太と花見を楽しんでいましたが。。。




リトルチャロ2「NHKラジオ第2」英語教育番組



リトルチャロ2

「NHKラジオ第2」英語教育番組





自己啓発もはいってますね。 元気が欲しい人にもお勧めです。



その後、15分ずつ「ハングル」「フレンチ」「イタリアン」「スパニッシュ」と続きます。 これが月曜日から金曜日で、週の後半は中級とかレベルアップする番組もあります。 ちなみに明朝3月31日(水)の番組表はこちらです。 土曜日は、ハングルが人気だからか再放送のオンパレードだったのですが、本年度はチャロの再放送オンパレードになるようです。



日曜日は、古典・歴史・宗教・福祉・心理学関係とかいろいろあります。 日曜日の朝の番組も楽しみに聴いています。 先日聞いた番組では、最近のテレホンオペレーター・コールセンターの雇用に関して説明されていました。 アメリカに住んでいる友人からは、商品のカスタマーセンターに電話するとインドにつながりインド人が対応するメーカー企業が沢山あるとも聞いていましたが。。。 日本でも形がかわっているようですね。 先日のテレビでも「廃校した学校の建物を使ってコールセンター(商品の受注センター)」にして、オペレーター教育を含み地元で雇用を増やすというのをみました。 コールセンターは教育システムをシッカリさせて雇用をするのであれば、場所は選ばないということです。 日曜日の朝に聞いた番組では、視覚障害者のオペレーター教育(音声マニュアルや点字マニュアルの多様化)を進めて、雇用機会を増やしているとのことでした。 素晴らしいです。



視覚障害をもつ演奏家のための「点字の楽譜」もドンドン進化しているようです。 ピアノだけではなく邦楽でも活躍なさっている視覚障害をお持ちの演奏家の方、沢山いらっしゃるようですね。 インターネットで、音声やいろいろな形式のファイルを気軽に送れる日常になってきて、ますますバリアフリーを感じています。 日本でも「グローバル化でのボーダーレス(国境なし)だけではなく、バリアフリーもドンドン進んでいる」と教えてくれる、NHKラジオに感謝!です。



人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます


2010.03.30 Tue l バリアフリー・ボーダレス l コメント (0) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ

昨日のバレンタインデーにテレビから聞こえてきたニュースでした。失読症という障害をもつ16歳の青年が、イギリスのチョコレートビジネスで活躍しているとのこと。本人の才能と努力、家族や周りの人々・企業の思いやりと愛を感じた。ぜひ食べてみたいチョコレートです。



ニュースの内容の一部はこんな感じでした。





カラフルな絵が描かれた箱もチョコレート製で、中にはいろいろなフレーバーのチョコの粒が並んでいる。試食した人は「おいしいわ。ちょっとビターな味ね」、「表面の絵がいいね。プレゼントに買っていこうかな」などと語った。

商品の生みの親はルイ・バーネットさん(16)で、チョコリットのオーナー。ルイさんは11歳の時、読み書きだけに障害が出るディスレクシア(失読症)と診断されてから、それまでなじめなかった学校を退学し、職業訓練施設に通うことを決意した。

小さいころから料理が得意だったルイさんは、親せきの誕生日に手作りチョコなどをプレゼントした。これが口コミで大評判となり、2005年のクリスマスに、ビジネスとしての彼のチョコレート作りがスタートした。ルイさんは2年ほど前、自宅にある車が1台ようやく入る車庫を改造して、チョコレート作りを始めた。現在では、原料を保管する倉庫となっている。

その後、イギリス大手高級スーパー「ウェイトローズ」などから声がかかると、需要は急速に拡大した。車庫でのチョコ作りから、2007年12月には地元の国会議員も応援に駆けつけて、小さな工場をオープンするまでに至った。


http://www.chokolit.co.uk/Home.aspx


(FNNニュースより一部抜粋)






素晴らしいです。人それぞれ、いろいろな人生があります。自分の専門を見つけて!貫いて!「チョコレート職人の道」が開けました。世界展開かな?今後の活躍が楽しみです。日本でも真剣に夢を追って立ち向かっている才能がある職人(芸術家も)を応援するのが、あたりまえな世の中になりますように!一人ひとりがこだわりをもって、毎日の生活を送ると実現に近くなっていくような気がしています。



動画つきの詳しいニュースはこちらご覧ください。
チョコレートでビジネスチャンスをつかんだイギリスの「失読症」の青年を取材しました


日本では女性から男性に愛をこめてチョコレートを贈る日「バレンタイン」といわれていますが、愛の聖者バレンタインの日は「愛情(家族を含む)と友情の日」ともいわれています。愛情もですが、お友だちからの友情にも年齢・性別関係なく感謝しましょう♪私の友チョコ作りも、もう少し続くようです。チョコレートって簡単なお土産やプレゼントにもなるので、今後も機会あるごとに作り続けそうです。





人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます




2008.02.15 Fri l バリアフリー・ボーダレス l コメント (7) トラックバック (1)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。