上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ
どこでしょう?




外国語を話すということについて少しお話をしておきます。 こんなの当たり前のことだろうと思われるかと思いますが、忘れていらっしゃる方もいらっしゃるので下記にまとめてみます。
 

1.どこの国にも無口な人はいるということ
無口なひとは外国語を話す時でも無口であるということ。 人と対話することを楽しめるかたであれば、外国語でも十分に自分なりに楽しめると思います。 対話にはリスニングが重要です。 

2.日本語で話している内容以上のことは話せないということ
通常の生活で噂話や芸能人の話ばかりをしているひとは、その程度の外国語であれば本人のやる気で身につけることができます。 あとは本人の興味(仕事・勉強・趣味等)が強くでてくると思われます。 コンピュータ関係の仕事をしている人が英語を不自由なく話せるようになれば、もちろん仕事のことについて話せるようになります。 中南米へサッカーの観戦にいく方が、スペイン語やポルトガル語を身につければ滞在もファン同士の交流ももちろん楽しめるということです。 着物を縫ったり、着たりするのが好きな方は、外国人の方にいろいろと説明をして日本文化により興味をもってくれる外国の友人が増えることでしょう。 

もちろん私も好きなワインやお料理の話を日本語・英語・仏語・西語で、いろいろな国のワインの造り手さん、輸出入業者の方、ワイン好きの方、レストランの方達と会話を楽しみます。 あとは旅行が好きな人間であるので楽しみは尽きません。

これだというものを1つでも良いので持つと世界が広がります。 アニメ好き、ゲーム好きも世界中に沢山いますよ!

外国語を話すということは手段であって目的ではありません。




人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます


いつも応援ありがとうございます




スポンサーサイト

2005.12.05 Mon l 語学習得など l コメント (0) トラックバック (0)
チキュウヲスクエ&日本国際化計画ひとりごとブログ

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://taetae16japanip.blog26.fc2.com/tb.php/41-52eda758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。